AGA治療の欠点・デメリット

AGA治療の欠点・デメリット

AGA治療を始めて、早2年半。気づけばもう2年半もプロペシアを飲んでるんだ・・・。
継続は力なりですね。2年半やれば、何事も結果が出ます。
2年半続けて効果がないならば、AGA治療を止めるという選択肢もあります。

 

 

ですが、効果があり過ぎるので、私はAGA治療を続けています。
費用も3か月で25000円あれば足ります。
それでハゲが治ったのですから、安いと言っても過言ではありません。
私の中で、AGA治療は一番安い薄毛対策と言えます。

 

 

AGA治療のデメリット

 

その中でAGA治療のデメリットを一つお知らせします。
それは、服用を続けなければならないことです。

 

 

私は毎日お昼にAGA薬「プロペシア」を1錠飲んでいます。
毎日、毎日飲んでいます。
飲むのを止めたら、半年ほどで抜け毛が再開するそうです。
実験として、それはそれでやってみても良いかもしれません。

 

 

またあの恐怖の抜け毛生活が再開するのは怖いので
私はAGA治療を止められません。
薬は飲めばなくなるので、3か月に1回
クリニックに行ってAGA薬を処方してもらいます。
その時、髪の毛、毛根を見てもらって、問題ないかチェックしてもらっています。

 

 

プロペシアを飲むだけの治療なので、毎回異常はないですけどね。
AGA治療は、現段階で薄毛治療最強の方法だと私は思います。
費用面も全く問題ありません。

 

 

毛髪再生治療

 

雑誌で読んだのですが、今、AGAの先駆的お医者さんが
毛髪再生治療の研究をしているそうです。
簡単に言うと、髪の毛がびっしり生えている部分の頭皮を採取して
細胞を培養して、毛が薄い部分に移植する治療だそうです。

 

 

60本の毛髪が3週間で6000本にまで増やせることになりそうで
移植に成功すると、その後のメンテナンスは要らないとのこと。
AGA治療のように、薬を飲み続ける手間、費用はかかりません。

 

 

因みに、毛髪再生治療の費用は、今ですと1000万円かかるんですって。
ですけど、保険適用になるかもしれないし、何とか実用化したいと思っているそうです。

 

 

薄毛が保険適用になったら、もっと値段が安くなります。
嬉しいことです。毛髪再生治療、早く実現してもらいたいものです。

 

売れている人気の育毛剤 のページに進む


 
AGA治療TOP AGA治療やりました AGAで完治 AGAの副作用 AGA効果