AGAメカニズム

AGAメカニズム

男性は20歳前後から薄毛になる人が現れます。
中には、18歳くらいから薄くなる子もいます。
薄毛になる原因とは・・・?
AGAメカニズム

 

男性は男性ホルモンにより体が成長します。
お母さんのお腹の中にいる時に男性器ができたり、
第二次性徴期で男性らしくなっていきます。
性欲を感じて相手を見つけ子孫を残して行こうとします。
筋肉がつきやすくなります。
このような作用があります。

 

しかし、20歳前後から、男性ホルモンのうち、
良い働きをするテストステロンよりも
悪い働きをするジヒドロテストステロン(DHT)
が増えて来ます。

 

 

テストステロンは、精子を作ったり、筋肉造成、大脳皮質の向上を促進します。
ですが、DHTの良い作用はほとんどありません。

 

DHTの良くない作用

髪の毛の減少(男性型脱毛)
体毛が濃くなる
皮脂の分泌UP(脂ギッシュになる)
前立腺肥大症

を引き起こします。

 

 

AGA(男性型脱毛)が進むと、健康な髪の毛、毛根が
どんどん小さくなっていきます。
髪の毛が抜けるサイクルが早くなり
髪の毛は生えてもすぐに抜けるので
だんだんと髪の毛自体が細くなります。

 

1本1本の髪の毛が細く短くなっていくと・・・
立派な「薄毛」です。

 

 

このDHTを抑えることができるのが
フィナステリド(商品名:プロペシア)
なのです。
テストステロンには作用せず、
DHTに作用してくれるありがたい薬なのです。

テストステロン+5α還元酵素 = DHT

となりますが、
フィナステリドはこの5α還元酵素に働きかけるので、
DHTが発生しにくくなるのです。

 

 

この辺りは、なかなか難しいです。
医学的にも判明していない所があります。
ですが、管理人はAGA治療をして、薄毛対策になりました。
髪の毛が豊かになりました。
フィナステリドを飲めば、髪の毛が増えるなんて
本当にありがたいと思っています!

 

AGA治療を受けるのページに進む

 

AGA費用〜薄毛・抜け毛完治ブログ TOPページに戻る

 
AGA治療TOP AGA治療やりました AGAで完治 AGAの副作用 AGA効果